月刊ドライブイン(vol.09)
5a6142ee27d1cc6065000c24 5a6142ee27d1cc6065000c24 5a6142ee27d1cc6065000c24 5a6142ee27d1cc6065000c24 5a6142ee27d1cc6065000c24 5a6142ee27d1cc6065000c24 5a6142ee27d1cc6065000c24 5a6142ee27d1cc6065000c24 5a6142ee27d1cc6065000c24

月刊ドライブイン(vol.09)

残り2点

¥500 税込

送料についてはこちら

2018年1月25日発行 A5判 40ページ 【内容】 一軒目に取り上げるのは、岡山県津山市にある「ドライブインつぼい」です。中国地方の内陸部には、閉店してしまった店を含めて、数多くのドライブインが建ち並んでいます。なぜその場所にドライブインがあるのか?――そこには高速道路が関係しています。 中国地方には中国自動車道と山陽自動車道が通っています。この二つがどのように出来上がったのか。それが一般道沿いの風景にも影響を及ぼしています。1966年から「ドライブインつぼい」を営んできたご家族やご近所さんに話を伺いつつ、そこにドライブインが生まれ、消えていった歴史を紐解きます。 二軒目に取り上げるのは、新潟県南魚沼市にある「石打ドライブイン」です。1980年代、レジャー産業やリゾート開発によって日本の風景は大きく変化しますが、この時代にあらたに注目を浴びたスポーツにスキーがあり、日本は空前のスキーブームを迎えます。 「石打ドライブイン」のすぐ裏には、1956年に創業された老舗、石打丸山スキー場があります。バブルの時代にスキーブームが到来すると、このスキー場にも大勢のスキー客が押し寄せました。この地で50年以上営業を続ける「石打ドライブイン」に、当時のことを含めて話を伺いました。 【目次】 「霧に包まれた道 津山・ドライブインつぼい」 「雪に覆われた道 南魚沼・石打ドライブイン」 (取材・撮影・文=橋本倫史) 【発送方法】 日本郵便のスマートレターでお届けします。 【お取扱店一覧】 札幌◉トロニカ いわき◉リードブックス 高崎◉REBEL BOOKS 伊勢崎◉自販機食堂™   池袋◉古書往来座 日暮里◉古書信天翁 田原町◉Readin'Writin' 蔵前◉H.A.Bookstore 向島◉書肆スーベニア 新宿◉模索舎 中野◉タコシェ 荻窪◉Title 吉祥寺◉百年 下北沢◉古書ビビビ 下北沢◉B&B 渋谷◉SPBS 八王子◉古書むしくい堂 鎌倉◉ブックスモブロ 松本◉本・中川 名古屋◉ON READING 岐阜◉さかだちブックス 金沢◉ホホホ座金沢店 京都◉ホホホ座浄土寺店 京都◉ホホホ座三条大橋店 京都◉京都岡崎 蔦屋書店 奈良◉古書 柘榴ノ國 大阪◉スタンダードブックストア心斎橋店 大阪◉シカク 神戸◉1003 倉敷◉蟲文庫 玉野◉451BOOKS 松山◉本の轍-Book On The Tracks- 松山◉蛙軒 尾道◉古本屋弐拾dB 那覇◉市場の古本屋ウララ 【取扱につきまして】 取り扱いを希望される場合、以下の「このアイテムについて問い合わせる」ボタンをクリックしてお問い合わせくださいませ(ご希望されるお店には、本文のPDFデータをお送りします)。 取扱条件といたしましては、 ・7掛け(委託・買切共に) ・発送の送料は編集部負担 ・返本の送料は取扱店様のご負担 でお願いしております。